iOS 13のカメラはポートレートモードでライティング調整できます:iPhone Tips

スマホでここまでできるなんて

友納一樹(KAZUKI TOMONO、ゴーズ)
友納一樹(KAZUKI TOMONO、ゴーズ)
2019年09月22日, 午前 07:07 in iphone tips
0シェア
iPhone TipsついにリリースされたiOS 13。機能が強化されたカメラでは、ポートレートのライティングエフェクトで強弱調整ができるようになりました。目鼻を際立たせたり、肌を明るく見せたりと、簡単にハイクオリティのポートレート写真が撮影できます。

照明エフェクトを調整

選べる照明エフェクトは、「自然光」「スタジオ照明」「輪郭強調照明」「ステージ照明」「ステージ照明(モノ)」、そして今回新たに追加された「ハイキー照明(モノ)」の6つ。ポートレートモードにした状態で、ライティングを選びます。

iPhone Tips
▲カメラを起動し、「ポートレート」モードを選択(左)。照明エフェクトを左右にスワイプして選択します(右)

エフェクトを選択したら、右上のアイコンをタップ。シャッターボタンの上に目盛りが表示されるので、左右にスワイプして調整します。

iPhone Tips
▲右上のアイコンをタップ。表示された目盛りを左右にスワイプして調整します

撮影後に編集でエフェクトを追加する

照明エフェクトは、撮影したあとでも編集で追加できます。「写真」アプリから編集画面を開き、ライティングを選択して同じように調整します。

iPhone Tips
▲「写真」アプリで写真を選び、「編集」をタップ。表示されたエフェクトから選び、調整します

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: camera, ios, iOS13, iphone, iPhone 11, iPhone 11 Pro, iphone 11 pro max, iphone tips, iphone11, iphone11pro, iPhone11ProMax, mobile, smartphone, tips
0シェア