世界を3Dマップ化するLiveMapsプロジェクト、Facebookが発表。現実世界が3D世界に置き換わる

現実逃避が捗りそう

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年09月27日, 午前 11:30 in facebook
0シェア
FacebookTwitter
Facebook2019年9月25日(現地時間)、FacebookがARおよびVRに関するカンファレンス「Oculus Connect 6」を開催。その中で世界を3Dマップ化するプロジェクト「LiveMaps」を立ち上げたことが明らかになりました。

FacebookではかねてよりARメガネ用の拡張現実システムを開発しており、LiveMapsはそのファーストタイプと呼べるもの。ARメガネをかけると3Dデータを基に現実世界と全く同じ風景が目の前に再現され、そこにさまざまな情報が表示されるようになる、という仕組みです。

これまでのARは現実世界に何かを表示するというものでしたが、このプロジェクトは現実世界をそっくりな3D映像に置き換える、という革新的な試みです。もう一つの現実世界を作ると言えばいいでしょうか。

3Dで再現された世界のため、例えば世界を自由に見て回るなど、現実の世界では難しいことでも簡単に実現できます。今回発表された3Dモデルは、公衆画像のデータを用いたものでしたが、将来的には世界各国のユーザーからもたらされる写真などの情報を基に、3Dマップを充実させていくとのこと。

遠く離れたユーザーをホログラムで表示させてコミュニケーションツールとして活用したり、住んでいる場所に関係なく希望する職に就ける手助けにつながったりと、経済支援といった側面での活用も目指しているそうです。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ar, facebook, internet, oculus, sns, vr
0シェア
FacebookTwitter