Alexa搭載メガネ「Echo Frames」をアマゾンが海外発表。ディスプレイは非搭載

メガネに後付けでも良さそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月26日, 午後 07:30 in amazon
0シェア
FacebookTwitter
Echo Frames
米Amazonが9月25日(米国時間)に行ったハードウェア発表イベントにおいて、Alexaを搭載したスマートグラス「Echo Frames」を発表しました。
スマートグラスとはいえARなどのディスプレイ機能はなく、弦の部分にあるマイクとスピーカーで、Alexaをハンズフリーで利用できるというデバイスです。

2018年末にBoseが「聴くARサングラス」こと「Frames」を発表していますが、Echo Framesもこれと同種の製品です。

搭載するスピーカーにはオープンイヤー技術を採用しています。これは、耳に向けて指向性のある音を出すことで、音漏れを最小限にしつつ、耳を塞がずに聞けるというもの。実際に試した米Engadgetの記者によると「音楽ははっきり聞こえるものの、音声は少しこもったように感じた」とのこと。

また、向かって右側にはタッチパッドも備えており、長押しすることでAlexaの代わりにGoogleアシスタントやSiriの利用も可能です。

音楽再生も行えますが、その場合は60%の音量で連続約3時間。Alexaを断続的に4回使用し、音楽を45分再生。通知を90回受け、20分通話するような使い方であれば、14時間は持つとしています。

Echo Frames

同時に発表された指輪型のEcho Loopと同様、限定的なDay 1 Editions製品で、購入には招待が必要となります。価格は249.99ドルですが、招待期間限定で179.99ドル(約1万9000円)で販売されます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alexa, amazon, amazon2019, echo frames, gear, glasses, mobile, smart glasses, wearables
0シェア
FacebookTwitter