「PasocomMini PC-8001」2万4800円で10月5日から一般発売、9月28日のイベントで先行発売も

セットのPCG8100も単品発売

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年09月28日, 午前 10:30 in gadgetry
0シェア
FacebookTwitter

PC-8001
ハル研究所(HAL研)は9月28日、NEC PC-8001の手のひらサイズ復刻機『PasocomMini PC-8001』(8001ミニ)のPCGセットと、PCG8100単品を10月5日より一般販売すると発表しました。

価格は、PasocomMini PC-8001 PCGセットが2万4800円(税別)、PCG8100が2480円(税別)。すでに直販ページがオープンしており、予約が開始されています。

8001ミニは、2019年8月にNECパーソナルコンピュータ(NEC PC)がPC-8001登場40周年の記念品として、同社のLAVIE Pro Mobile購入者へのプレゼントとしていたもの。

背面にはHDMIとmicroUSBポートがあり、ディスプレイとキーボードの接続が可能。実際にPC-8001互換のBASICが利用できるほか、PC-8001用名作ゲームタイトル16本が収録されたSDカードが同梱されます。

ただ、その入手にはNEC製のPCを購入するしかなく、台数的にも2500台と決して多くはないことから、一般販売を望む声が多くありました。


なお、PCG8100は、プログラマブル・キャラクタ・ジェネレータのこと。PC-8001のテキストキャラクタを自由に定義できるというもので、いまでいうグラフィック機能に相当します。ちなみに、販売されるミニチュアのPCG8100は装飾用なので、これ自体には何の機能もありません。

PCG8100

また、9月28日(土)に秋葉原で行う体験会では、数量限定での先行販売も行うとのことです。




【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: gadgetry, Gadgets, HAL Laboratory, nec, NECPC, necpc40th, pasocommini, pasocomminipc-8001, PC-8001, pc8001, PCG8100, personal computing, personalcomputing
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents