変化球をひたすら打ち返す爽快感! タカラトミーアーツが作ったTリーグ公認マシン「本格卓球 爆裂スマッシュ」

オリンピックに向けてスポーツゲームで予習しませんか

相川いずみ
相川いずみ
2019年09月28日, 午後 01:45 in game
0シェア
FacebookTwitter

pingpong
9月に開催された「クリスマスおもちゃ見本市 2019」は、2019年のクリスマスにおすすめのおもちゃが並ぶ見本市。その中で、個人的に気になった商品をご紹介します。

まず紹介したいのが、「本格卓球 爆裂スマッシュ」。家庭で本格的なスマッシュ練習ができる卓球のスポーツトイです。

pingpong
▲『本格卓球 爆裂スマッシュ』タカラトミーアーツ/発売中/実売価格6800円前後

パッケージには、本体のほか、ボール5個と的、ラケットなどが同梱されています。本格的に練習したいなら、マイラケットを用意したいところ。

卓球台に「爆裂スマッシュ」の本体を取り付けるだけで、様々な変化球が飛び出してくる仕組み。といっても、一般家庭で卓球台のある家は少ないと思います。それでも大丈夫! 食卓などにも取り付けられ、球の飛距離も変えることができるというわけです。

集合住宅ですと周囲への騒音などにも気をつけなくてはいけませんが、会社の休憩室などに置くのもよさそうな感じ。

本格卓球 爆裂スマッシュ

仕組みはいたってシンプル。本体を卓球台や机に取り付け、本体上部にあるストックに、卓球のボールをセットします。次に飛距離や変化球の設定をし、電源を入れればオーケー。あとは、次々と打ち出される変化球を、好きなだけスマッシュを決めることができます。

pingpong
pingpong
▲飛距離は、取り付ける机の大きさにあわせて2段階あります。家庭では、飛距離が短い1段階目に設定しておきましょう

東京おもちゃショーでも出展されており、そのスピード感にしびれました。ライターという仕事柄、自宅で仕事をすることが多く出不精な筆者ではありますが、この商品を見て、「これなら家でもできそうだし、ひそかに練習して、スマッシュ上手になれるかも......!」という野望がふつふつと湧いてきたのです。

しかも、利点として大きいのが、一人でもできること。小学生の子どもが卓球にハマっており、たまにスマッシュの練習相手もさせられるのですが、なかなかスマッシュ向きの球を打ち出せない......。でも、これがあれば、好きなだけ子どもも練習ができます!

変化球は、パックスピンやドライブのほか、左右のカーブなどもあります。最初は前後左右ともにまっすぐ飛ぶ「通常」から練習するのがおすすめ。

本格卓球 爆裂スマッシュ
本格卓球 爆裂スマッシュ▲球を見極めて......思いっきりスマッシュ! この爽快感が癖になりそう

この『爆裂スマッシュ』は、日ごろ運動不足でお悩みな方にもおすすめです。一人用ではありますが、的もあるので「何回的に当てられたか」といった競争をするのも楽しそう。毎日練習して上達していくのはうれしいものです。

来年の東京2020オリンピックを迎えるにあたって、卓球を練習して備えるのもよいですよね。卓球好きの子どもや家族へのクリスマスプレゼントにもよいですが、自分への健康促進にもいかがでしょうか。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: game, games, olympics, sports, toy, xmas
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents