タカラトミーの最新サプライズトイ「Rizmo」は音楽を聴くと進化するペット

音で進化!3段階に変化する最新ペットに注目

相川いずみ
相川いずみ
2019年09月29日, 午後 03:30 in degital-pet
0シェア
FacebookTwitter
rizmo

サプライズトイというジャンルをご存知でしょうか。パッケージを開けるまで、どんな種類が出てくるのかわからない、「あっ」という驚きを楽しめるおもちゃのジャンルです。

ぬいぐるみや人形など、様々な種類のサプライズトイが発売されており、9月に発表された「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2019」の女の子部門でも、大人気のドール「L.O.L.」シリーズが2位にランクインするなど、女子を中心に多大な人気を誇っています。

今回紹介するのは、9月14日にタカラトミーから発売されたばかりの『Rizmo(リズモ)』です。


rizmo
サプライズお世話ペット『Rizmo』
タカラトミー/発売中/実売価格7,800円前後

リズモは「音で"進化"するサプライズお世話ペット」とのことで、ご覧のとおり、とってもかわいらしい外観。お世話ペットは、かわいがったりお世話していくことで、反応が変わっていくので、愛着がどんどん湧いていくのが特徴ですが、なんとこのリズモは進化するペットなのです!


rizmo
▲リズモの進化の様子。「あかちゃん」から「こども」そして、最後には「おとな」のリズモへと、外観も大きく変わっていきます

あかちゃんのふわふわ・まるまるとしたリズモも可愛らしいですが、おとなのリズモも、くりくりとした目と大きな耳、そしてとがった牙がなんとも愛らしいです。見本市で実際に進化する様子を目にしましたが、ごそごそと動き、目の前で姿が変わっていく光景はインパクト大。その様子は、ぜひ自分のでお世話して確かめてほしいと思います。

そして進化するのは姿だけではありません。最終進化のおとなのリズモはゲームで遊んだり、音にあわせてダンスをしたりといった新しいことができるようになります。

rizmo
rizmo
rizmo
色は「ベリー」「アクア」「スノー」の3種類。さらに色や耳の形などが異なるため、おとなになるまでは最終形態がどの姿になるかわからないという楽しみもあります。


しかし、このかわいいリズモ。お世話を怠ると、大変なことになるのです。どうなるかというと......ゾンビになります。本当にゾンビです。「これ、同じリズモなの?」と思うような姿になってしまうのです。

rizmo
▲ゾンビになってしまったリズモ。この状態では一緒に遊んだりすることはできません

こんなゾンビになってしまっても、その後またお世話をすると元に戻るのでご安心を。おもちゃだって飽きられて放っておかれたりしたら寂しいんだな......と感じさせる、そんな商品です。


rizmo

リズモが大好きなのは「音楽」。
お世話ではごはんをあげることもできるのですが、そのごはんは「声」なのです。歌ったり、励ましの声をかけてあげることで、どんどん進化していきます。また、リズモ自体も振ると楽器のように音を出したりメロディを口ずさんだりしてくれます。

手触りもふわふわで、こんなペットを子どもの頃にもらったら、夢中になってお世話していたな~と感じるかわいらしさ。クリスマスやお誕生日のプレゼントにもおすすめのペットです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: degital-pet, takaratomy, toy
0シェア
FacebookTwitter