5分でわかる新型Surfaceまとめ。正統進化だけじゃない、デュアル画面モバイルPCや2画面スマホも

なんといっきに5機種も登場

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2019年10月3日, 午前 06:00 in surface
0シェア
FacebookTwitter
surface現地時間10月2日、米国ニューヨークにて開催されたSurfaceイベント。マイクロソフトはその場でデュアルディスプレイ仕様のモバイルPC「Surface Neo」や手のひら大の2画面折り畳みスマホ「Surface Duo」など新型のSurfaceを発表しました。

2画面モデルはいずれも2020年のホリデーシーズン、つまり来年末の発売予定とのこと。少し先の話にはなりますが、久々にワクワクさせてくれそうな製品と言えるのではないでしょうか。

また、ARMベースの独自プロセッサを採用する「Surface Pro X」、AMDのRyzenプロセッサ搭載モデルが用意される「Surface Laptop 3」、待望のUSB Type-Cポートを搭載した「Surface Pro 7」と、全5機種の新型Surfaceが登場しています。

そんな新製品が盛りだくさんだったSurfaceイベント。ざっくりとどんな感じだったか知っておきたい人向けにトピックスをまとめてみました。それではどうぞ!

マイクロソフト Surface Neo発表。二つ折りデュアル画面モバイル

surface

ニューヨークで開催中のSurface イベントで、マイクロソフトが次世代のSurface 製品 「Surface Neo」 を予告しました。

Surface Neo は2つのディスプレイが中央のヒンジでつながった、ノートのような二つ折りデュアル画面デバイス。2画面を活用する新しいOSの Windows 10X を採用します。 (続き)

マイクロソフト Surface Duo 発表。手のひら大の2画面折り畳みスマホ

surface

マイクロソフトが、手のひらサイズの折りたたみ2画面デバイス「Surface Duo」を発表しました。Surface Neoの縮小版といった趣きで、サムスンのGalaxy foldのような単一ディスプレイを折りたたむのでなく、2つのディスプレイをつなぎ合わせたタイプのデバイスです。 (続き)

Surface Pro X発表。独自ARMプロセッサSQ1採用、LTE常時接続の軽量2in1

surface

マイクロソフトが Surface Pro シリーズの全く新しい製品、Surface Pro X を発表しました。ARMベースの独自プロセッサ Microsoft SQ1を採用し、13インチで760gの軽さ・薄さと、LTE常時接続、Pro 6で3倍の電力効率など、モバイルの軽量さとプロ向けノートPCに必要な機能を両立した製品をうたいます。 (続き)

Surface Pro 7発表。ついにUSB-C採用、10月22日発売

surface

マイクロソフトが 2 in 1 Surface の最新モデル、Surface Pro 7 を発表しました。着脱式のキーボードカバーやペン対応といった Surface Pro の基本はそのまま、USB-C 対応など進歩を遂げています。 (続き)

マイクロソフトSurface Laptop 3発表。初のAMD Ryzen採用モデル

surface

日本時間10月2日23時から行われたイベントにて、マイクロソフトがノートPC「Surface Laptop 3」を発表しました。従来の13.5インチモデルに加えて15インチを用意。13インチ版にはインテルの第10世代プロセッサー(10nmプロセスの4コア Ice Lake)を、そして15インチ版にはAMDのRyzen 7 Microsoft Surface Editionを採用しています。 (続き)

Microsoft、2画面PC向けの新OS「Windows 10X」を発表

surface

Microsoftがニューヨークで開催したSurface発表イベントにおいて、2画面端末Surface Neoを発表。それに搭載する新しいOSとして、Windows 10Xも併せて発表しました。

Windows 10Xは、Surface Neoのようなデュアルディスプレイを持つ端末向けに設計されたOS。以前に流出していたタッチフレンドリーなスタートメニューが特徴です。 (続き)

AMD Ryzen Microsoft Surface Edtion発表

surface

Microsoftは10月2日23時(日本時間)から行われたSurface発表イベントにおいて、Surface Laptop 3を発表。その15インチモデルには、AMD Ryzenのカスタムプロセッサ「AMD Ryzen 7 Microsoft Surface Edition」を搭載すると発表しました。

Microsoftのパナイ氏は、このクラスのラップトップでは最速のグラフィックス性能を持つプロセッサだとアピールしています。(続き)

マイクロソフトの完全無線イヤホンSurface Earbuds発表。円形の表面でタッチ操作

surface

日本時間10月2日23時に始まったSurface発表イベントより。マイクロソフトが初の完全ワイヤレスイヤホン Microsoft Surface Earbudsを発表しました。やや大きめな真円の筐体は、率直に言って装着すると目立ちそうですが、AirPods登場時の衝撃に比べるとまだマイルドなデザインです。

Surface Earbudsのまん丸デザインは「1日中装着しても快適な安定性」を求めて設計されているとのこと。タッチ操作に対応しており、スワイプやタップで音楽の再生/停止や選曲、スキップ操作が可能。発表時のデモではSpotifyとの統合も示されました。 (続き)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amd, av, laptop, microsoft, mobile, pc, personal computing, personalcomputing, ryzen, smartphone, surface, surface duo, surface earbuds, Surface Laptop, Surface Laptop 3, surface Neo, surface pro, surface pro 7, surface pro x, Surface2019, surfaceduo, SurfaceEarbuds, surfacelaptop, SurfaceLaptop3, surfaceneo, SurfacePro, surfacepro7, surfaceprox, truewireless, windows, windows10, windows10x
0シェア
FacebookTwitter