microsoft
日本時間10月2日23時に始まったSurface発表イベントより。マイクロソフトが初の完全ワイヤレスイヤホン Microsoft Surface Earbudsを発表しました。やや大きめな真円の筐体は、率直に言って装着すると目立ちそうですが、AirPods登場時の衝撃に比べるとまだマイルドなデザインです。Surface Earbudsのまん丸デザインは「1日中装着しても快適な安定性」を求めて設計されているとのこと。タッチ操作に対応しており、スワイプやタップで音楽の再生/停止や選曲、スキップ操作が可能。発表時のデモではSpotifyとの統合も示されました。

さらに、このイヤホンはOffice 365に対応しており、たとえばPowerPointでは、左右ユニットにそれぞれマイクが2つずつ仕込んだマイクを使った音声操作が可能です。一例をあげるなら、スライド表示中に話した内容をキャプションとして画面に反映させられます。対応する言語は60種類以上とのこと。

バッテリーの持ちは最長24時間で、ほかの完全ワイヤレスイヤホン同様に充電ケースが付属します。価格は249ドル(約2万7000円)から。米国での出荷時期は年末のホリデーシーズンとなっています。