速報:マイクロソフトSurface Laptop 3発表。初のAMD Ryzen採用モデル

AMDパワー来た

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月2日, 午後 11:19 in AMD
0シェア
FacebookTwitter
Surface Laptop 3

日本時間10月2日23時から行われたイベントにて、マイクロソフトがノートPC「Surface Laptop 3」を発表しました。従来の13.5インチモデルに加えて15インチを用意。13インチ版にはインテルの第10世代プロセッサー(10nmプロセスの4コア Ice Lake)を、そして15インチ版にはAMDのRyzen Microsoft Surface Editionを採用しています。microsoft

13.5インチモデルのCPUは、マイクロソフトのパノス・パネイ氏いわくSurface Laptop 2の2倍、MacBook Airの3倍高速とのこと。一方の15インチモデルが搭載するプロセッサーはRyzen 5 3580U with Radeon Vega 9 Graphics Microsoft Surface Edition と、Ryzen 7 3780U with Radeon RX Vega 11 Graphics Microsoft Surface Editionの2種類が用意され、いずれも内蔵グラフィックスには独自のカスタマイズが含まれます。また15インチ版にもインテルプロセッサー搭載モデルが用意されます。

microsoft




両モデルとも外観はこれまでのモデルのデザインを継承しているように見えますが、一部モデルは表面がアルミニウムそのままの仕上げになっています。キーボードは1.33mmのストロークを持ち「快適なタイピング体験」を提供、するほか、ガラス製のトラックパッドは20%大型化、外部接続端子はUSB-AとUSB-Cの療法を採用しました。

Surface Laptop 3は1時間かからずに80%まで充電可能な高速充電システムを備えています。ただしこの充電器はUSB-Cではなく専用のもの。

Surface Laptop 3はすでに予約注文を受け付けており、13.5インチモデルは999ドル(約10万7000円)から、15インチモデルは1199ドル(約12万8000円)からの価格設定。米国での出荷日は10月22日です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AMD, microsoft, RYZEN, Surface Laptop 3, Surface2019, SurfaceLaptop3
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents