Surface Pro 7発表。ついにUSB-C採用、10月22日発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年10月2日, 午後 11:36 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
microsoft

マイクロソフトが 2 in 1 Surface の最新モデル、Surface Pro 7 を発表しました。着脱式のキーボードカバーやペン対応といった Surface Pro の基本はそのまま、USB-C 対応や前モデル比2倍高速な第10世代インテルCore プロセッサ搭載など進歩を遂げています。



4コアの第10世代インテルCoreプロセッサは「前世代より2.3倍高速」。音声入力やCortanaへの指示に、感度とノイズ対策が向上したデュアルFar-fieldマイクの「Studio Mic」を搭載します。

プロセッサ構成は、Core i3- 1005G1/ i5-1035G4/i7-1065G7。RAMは4/8/16GB。

バッテリーはi5 8GB モデルで最長10.5時間駆動。

待望のUSB-Cポート追加の一方でフルサイズのUSB-Aも、ミニディスプレイポートもSurface専用のSurface Connect 端子も残します。

本体重量はi3で775g、i7は790g。確かにわずかな差でPro Xは歴代最軽量です。

USB-C追加やプロセッサの世代交代のほかは、原則的に Surface Pro 6を引き継いだ正統後継モデルの位置づけ。


米国では本日より予約受付開始。発売は10月22日。価格は749ドルから。



速報:AMD Ryzen Microsoft Surface Edtion発表

速報:マイクロソフトSurface Laptop 3発表。初のAMD Ryzen採用モデル

速報:Surface Pro X発表。独自ARMプロセッサSQ1採用、LTE常時接続の軽量2in1
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, surface, surfacepro, surfacepro7
0シェア
FacebookTwitter