LINEのオープンチャットは、殺伐としてますがどこか心が満たされる世界です(辛酸なめ子)

ヒマ✕匿名は危険かも

辛酸なめ子
辛酸なめ子
2019年10月3日, 午後 03:30 in app
0シェア
FacebookTwitter
EngadgetLINEにグループトーク機能を拡張した新機能、オープンチャットが登場。さっそく始めてみたのですが公式サイトから検索ができず、チャットルームを作ってみたものの自分しかいない状態だったので、他を探してみることに。

盛り上がってそうなところを非公式の検索サイトやツイッターの告知からリサーチ。いざ検索しようとすると「神」「宇宙人」「皇室」といった単語しか思い浮かばず、なかなか該当しません。ざっと見たところ数人から数十人規模のところが多く、20年くらい前のインターネット前夜のFirstclassのチャットルームみたいで懐かしいです。

「死んだ者限定のオープンチャット」とか気になりましたが参加者が一名で入りづらいものが。お互いほめ会うチャットに入ってみたら、「今日、出社前にゴミすていった」「ゴミ捨てしてえらい!」みたいなやりとりでちょっと和みました。いろいろ入ったり出たりして試行錯誤中です。

ただ活発なオープンチャットに入ってしまうと、通知が激しくてスマホが熱くなったり充電がすぐなくなったりという副作用が。人間関係を取るか電池を取るか悩みます......。

世界に向かって情報をシェアするSNSに疲れた人が、クローズトなオープンチャットに駆け込みたくなるのかもしれません。時々自分1人だけのチャットルームで自問自答したいです。


Engadget

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, community, LINE, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter