iPhone 6sとiPhone 6s Plusの無償修理プログラム発表。電源が入らなくなる問題に対処

2018年10月以降生産の新しめのロットが対象

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年10月5日, 午前 11:08 in apple
0シェア
FacebookTwitter
6s

アップルが特定のiPhone 6sやiPhone 6s Plusにつき、一部のコンポーネントの故障により電源が入らなくなる問題があるとして、無償修理プログラムを発表しました。この問題が確認されているのは、2018年10 月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみとのことです。お使いのiPhone 6sやiPhone 6s Plusにこの問題が起きたことがあると思われる方は、こちらのサイトにてiPhoneのシリアル番号をボックス内に入力すると、本プログラムの対象となるか確認できます。本プログラムの対象となる場合は、無償で修理が受けられます。

該当するiPhoneを修理するには、下記のいずれかの方法で手続きを行うことになります。ただしアップルにて実機検査を行い、そのiPhoneが本プログラムの適用対象かどうかが検証されるとのことです。

Apple 正規サービスプロバイダ:こちらからお近くの正規サービスプロバイダをお探しください
Apple Store 直営店:あらかじめこちらからご予約ください。

また修理に出す前には、iTunesまたはiCloudにiPhoneをバックアップすることをお忘れなく。画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があり、場合によっては別途修理料金がかかるとも告知されています。

本プログラムの対象となると思われるiPhone 6sやiPhone 6s Plusをすでに有償修理された方は、返金についてこちらから問い合わせができます。

また、本プログラムは対象となるiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusに対し、その最初の小売販売日から2年間適用されるとのことです。修理を受けられるのは、最初の購入国/地域に限られる場合もあるとされています。

ともあれ、お手持ちのiPhone 6sやiPhone 6s Plusに思い当たる症状がある方は、上記の手順でシリアル番号をチェックし、該当する場合は速やかに手続きを取ることをお勧めします。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, iphone, iphone6s, iPhone6SPlus, repair, repairprogram
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents