wena wrist
10月4日、ソニーは「スター・ウォーズ」をモチーフにしたスマートウオッチ「wena wrist pro Chronograph set/STAR WARS limited edition」を10月19日に限定発売すると発表しました。予約受付は本日よりスタートします。

「wena wrist」は、世界で初めてバンド部分に電子部品を組み込んだことで話題になったスマートウオッチ。今回、この「wena wrist」と「スター・ウォーズ」がコラボレーションし、スター・ウォーズの象徴ともいえる「光と闇」がコンセプトの2種類のアイテムを展開します。

光がコンセプトの「THE LIGHT SIDE」は、ヘッド部分の文字盤にミレニアム・ファルコン号の設計図をデザイン。闇がコンセプトのプレミアムブラックの「THE DARK SIDE」の文字盤には、デス・スターの設計図が描かれています。また、クロノグラフ秒針の先が、それぞれ「Xウイング」と「インペリアル・スター・デストロイヤー」をモチーフにしているのも特徴。

wena wrist

ミレニアム・ファルコンがデザインされた「THE LIGHT SIDE」


wena wrist

デス・スターがデザインされた「THE DARK SIDE」


他にも、クロノグラフのタキメーターが劇中で用いられている「PARSEC(パーセク)」で表示されていたり、電源を入れた際に「THE LIGHT SIDE」はスター・ウォーズのテーマ、「THE DARK SIDE」は帝国のマーチが流れたりと、ファンならニヤリとしてしまう仕掛けも施されています。

販売予定価格は「THE LIGHT SIDE」が7万円前後+消費税。「THE DARK SIDE」は7万3000円前後+消費税になるとのこと。