速報:ソニー Xperia 8発表、国内向けミドルレンジで初の2眼カメラ搭載

まずワイモバイルから登場

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年10月7日, 午後 12:09 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
engadget
ソニーモバイルが「Xperia 8」を発表しました。Snapdragon 630を搭載したミドルレンジスマホで、21:9の超縦長ディスプレイを搭載。グローバル向け「Xperia 10」に近い仕様です。まずワイモバイルが発売予定。価格は税込5万4000円で、税別では5万円を切る低価格となります。



「Xperia 8」は、6.0インチ(フルHD+)ディスプレイを搭載したスマートフォンです。上位モデルの「Xperia 1」や「Xperia 5」に比べるとスペックが抑えられており、画面は有機ELではなく液晶を採用。ストレージは64GB、RAMは4GBに留まります。

一方で、画面は「Xperia 1」と同じ21:9の超縦長アスペクト比を採用。一般的なスマートフォンに比べて画面が縦に長く、縦にスクロールするSNSなどの視認性が高いほか、2つのアプリを同時表示するデュアルディスプレイ時にも威力を発揮します。

また、国内投入されるミドルレンジのXperiaとして初めてデュアルカメラを搭載。『標準レンズ』(1200万画素)と『光学2倍レンズ』(800万画素)の組み合わせとなっています。光学式手ブレ補正は非搭載です。

engadget

なお、最近のデュアルカメラは『超広角レンズ』との組み合わせがトレンドですが、「Xperia 8」は前述の通り望遠側に振っているため、迫力が出る超広角で撮影できないのは、用途にもよりますが、やや残念なポイントと言えそうです。

本体サイズは158 x 69 x 8.1mm、重さは170g。「Xperia 1」の横幅72mmに比べるとスリムで、持ちやすい横幅を実現しています。バッテリー容量は2760mAhです。
日本向け機能は防水とおサイフケータイ(FeliCa)に対応。ワンセグ・フルセグには非対応です。

engadget

ワイモバイル版は10月9日予約開始、発売は10月下旬を予定します。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mobile, ymobile
0シェア
FacebookTwitter