Galaxy Foldをメディアが折り曲げテスト、20万回到達前に破損

あくまでテストケースですが…

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年10月7日, 午後 03:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy Fold

米メディアのCNETは、韓国サムスンの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」の折り曲げテストを実施。その結果、公式にうたわれてる20万回の折り曲げに到達する前に端末が破損してしまいました。

Galaxy Foldは内側に7.3インチの折りたたみディスプレイを配したスマートフォンで、スマートフォンとしてもタブレットとしても利用できるのが特徴です。端末の発表後にはレビュアーからディスプレイやヒンジの破損報告が相次ぎ、その後に問題を解決したとして今年9月から正式に販売が開始されました。



そしてCNETはSquareTradeが制作した独自のテストマシンにて、Galaxy Foldの折りたたみテストを実施。上の動画では10万回の折りたたみに耐えている様子が確認できますが、その後に約14時間で11万9380回折りたたんだところ、ディスプレイやヒンジに破損が確認されたとしています。

一方サムスンはGalaxy Foldについて、「5年間の使用で予測される、20万回の折りたたみ動作にも耐えられる」と説明。さらに、自社での折りたたみテストの模様の動画も公開しています。

今回のテストにて20万回に達しなかった理由については、SquareTradeのマシンの折りたたみ動作が手での折りたたみとは力の入り方が異なっていた、あるいは短時間で折り曲げしすぎている...などが想定できます。Galaxy Foldが今後販売台数を増やすにつれ、ユーザーからどのようなフィードバックが寄せられるかが注目されます。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, foldable, galaxy, mobile, Samsung, smartphone
0シェア
FacebookTwitter