Instagramが「フォロー中」タブを削除。理由は「使われていなかったから」

監視目的で使われることも多かったようです

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月8日, 午後 05:00 in services
0シェア
FacebookTwitter
Instagram
Instagramは今週、あまり使っている人がいなかったものの、一部では悪名高かった機能である「フォロー中」タブを削除します。

この機能、もともとはフォローしている友人がどのようなことに興味を持っているのかを表示することで、新しいコンテンツを見つけやすくしようと意図されていたもの。しかしながら、フォローしている人が誰をフォローしているのか、どんな写真にいいね!をしているのかなどが分かってしまうという問題もありました。

たとえば、友人が自分の投稿にはいいね!をくれないのに、他の人の投稿には頻繁にいいね!をしているのがわかってしまったり、恋人の浮気を疑い、誰の投稿にいいね!を多くしているのかチェックするなど、監視目的で使われることも多かったようです。

ただ削除については、これが理由ではなく、Instagramの製品責任者であるVishal Shah氏はBuzzfeed Newsに対し「頻繁に利用される機能ではなく、その存在を知らないユーザーもいたのではないか」と説明しています。つまり、先に挙げた通り、使われていないから削除するということです。また、Instagramの機能を出来るだけシンプルにしたいというのも理由の一つとのこと。

フォロー中タブの削除に伴い、残っている「あなた」タブはアクティビティに名称が変わります。そして今後は、新しいコンテンツを発見するには、検索機能を使うことになります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: activity, facebook, gear, Instagram, internet, services
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents