ps4
ソニーは10月7日(米現地時間)以降、PS4とFacebookの連携を終了することを発表しました。これによりゲームプレイやトロフィー獲得状況の投稿、友人の検索など、Facebookとの共有機能が使えなくなります。この連携解除後は、PS4がスクリーンショットや動画、音楽、トロフィーの詳細やブロードキャストなどの「宛先」からFacebookが除外されます。さらにFacebookアカウントがPSNアカウントにリンクできなくなり、Facebookから友達を追加することも不可となります。

直近に影響がありそうなのは、Facebookからインポートした写真をプロファイルに使用できなくなること。そのためソニーは、新しい写真を設定することをユーザーにお勧めしています。

ソニーは本変更につき、特に理由を明らかにしていません。英ゲームブログVG247は、Cambridge Analyticaスキャンダルに続いてFacebookがデータ共有に加えたAPIの変更に関連している可能性があると指摘しています。

米メディアKotakuによると、Facebook広報は「現在、ソニーとPlayStationとFacebookの連携を改善する契約更新の協議をしています。協議が続いている間は、Facebook機能はPS4上で利用できません。我々のチームが合意に達ししだい、これらの機能を速やかに復活させることを望んでいます」と声明したとのことです。

Facebookの主張を信じるとすれば、PS4との連携が解除されたのは純粋に技術的な問題によるはず。ソニーの公式コメントがないのが気がかりですが、ユーザーにプラスになる方向での解決を望みたいところです。