Google、デバイス間で音楽や動画の再生を引き継げる「Stream Transfer」発表

いまのところSonosなどでは利用不可

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月9日, 午後 06:50 in av
0シェア
FacebookTwitter
Google Stream Transfer
Google HomeやHome Mini、Nest HubなどGoogleアシスタント対応デバイスが家の中に増えてきた人も多いと思いますが、そういった人たち がさらに便利になるかもしれない機能「Stream Transfer」をGoogleが発表しました。

これまでも、複数のスピーカーをグループ化して、家中で一斉に同じ音楽を流すことはできました。しかし、新しいStream Transferはこれとは違い、あるデバイスで再生している音楽を別のデバイスに引き継がせるというものです。たとえば、キッチンのGoogle Home Miniで流している音楽を、「OK Google、音楽をリビングのスピーカーに移動して」と言ってリビングで続きを再生できます。

音楽に限らず、Nest Hubで見ているYouTube動画をテレビのChromecastに引き継がせるといったことも可能です。また、音声での操作だけではなく、スマートフォンのGoogle Homeアプリからの操作にも対応します。

Stream Transferは、Chromecast、Google Home、Nestのスマートディスプレイで今日から利用できるとのこと。残念ながら、Sonos OneなどサードパーティのGoogleアシスタント対応スピーカーでは使えないようです。

なお、執筆時点(10月9日17:30)では、筆者の環境では日本語・英語のどちらでも利用できませんでした。ただ、地域の制限などには触れられていないため、おそらくは順次利用可能になるものと考えられます。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: av, casting, Chromecast, gear, google, Google Home, google home mini, home, Nest, nest hub, Nest Hub Max, stream transfer
0シェア
FacebookTwitter