ドコモが「AQUOS sense 3」を11月上旬発売、電池長持ちシャープ製スマホ

sense 3 Plusはでません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月11日, 午後 12:01 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
AQUOS sense3
ドコモは10月11日、2019-2020冬春モデルとして、シャープ製スマートフォン「AQUOS sense 3」を発表しました。11月上旬に発売予定で価格は3万円前後となる予定です。

すでにシャープ、auからも発表されているAQUOS sense 3ですが、ディスプレイは5.5インチ 2160x1080(18:9)のIGZOディスプレイを搭載。プロセッサはSnaodragon 630で、RAM 4GB、ストレージ64GB。最大512GBのmicroSDカードにも対応します。

背面カメラは、12MP(F2.2)の超広角(121度)と12MP(F2.0)の標準というツインカメラ仕様に。被写体の動きに応じてAIがシャッタースピードや露光を自動で調整するAIオートに対応するほか、senseシリーズでは初めて、AIが撮影中の動画の見所を抽出し、15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」を搭載します。インカメラは8MP(F2.2)で広角86度。

AQUOS sense3

バッテリー容量は4000mAhで、連続20時間以上の動画再生が可能です。そのほか、おサイフケータイ対応FeliCaに指紋センサー(前面配置)、防水防じん(IP65/IP68)に対応。本体USB端子はタイプCを採用します。



【NTTドコモ 冬春モデル 一覧記事はこちら】


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: AQUOS, aquos sense 3, aquos serie, docomo, mobile, sharp, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents