au、シャープの超軽量ゲームスマホ「AQUOS zero2」を取り扱い。発売は2020年1月下旬以降

国産有機ELで“240Hz相当”のなめらか表示

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年10月10日, 午後 02:02 in Android
0シェア
FacebookTwitter
AQUOS zero2 SHV47
auは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS zero2」を2020年1月下旬以降に発売します。

AQUOS zero2は、6.4インチの大画面を装備しながら、140g台前半という軽さを実現したスマートフォン。シャープの自社製国産有機ELディスプレイを採用した2つ目の製品で、スマホで本格ゲームを楽しむようなユーザーをターゲットとしています。

今回、最大の特徴は、「毎秒240回相当」の高速切り替えが可能なディスプレイを搭載したこと。これは一般のスマホの4倍の高速切り替え表示になり、スクロールや動きのあるゲームなどをなめらかに表示できるとしています。ただし、実際の表示は毎秒120フレーム相当(2倍速)で、各フレーム間に黒画面を挿入し、残像感を減らしたとしています。

クアルコムの最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 855」と8GBのメモリー、256GBのストレージを備え、現時点のスマートフォンで最高クラスのスペックを誇ります。加えて、充電時の発熱を抑えるため、充電用ICチップを2つ配置する「パラレル充電」など、パフォーマンスを落とさない工夫を施しています。

そのほか、背面カメラはzeroシリーズではじめてデュアルカメラ仕様に。標準カメラと125度相当の超広角カメラという構成になっています。

カラーはアストロブラック、ミスティホワイトの2色を取り扱い。端末の背面下部にはauロゴが刻印されます。


AQUOS zero2 SHV47AQUOS zero2 SHV47AQUOS zero2 SHV47


【au 2019冬〜2020春モデル 一覧はこちら】

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Android, AQOUSzero2, AQUOS, AQUOSzero, au, gaming, KDDI, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents