iphonetipsiOS 13では、「ファイル」機能が使いやすくなりました。なかでも目玉の新機能といえるのが、zipファイルの圧縮&解凍が可能になったこと。これまでは他社製のドキュメントアプリなどを使う必要がありましたが、iOS 13からは標準機能だけでファイルの中身をチェックできます。

それでは、ファイルの圧縮と解凍方法を紹介します。

ファイルを圧縮する

ファイルを圧縮するには、ファイルを選んで「圧縮」を選択するだけ。もちろん、複数のファイルを選択して圧縮することもできます。

iPhone Tips
▲「ファイル」アプリで圧縮するアプリを長押し(左)。表示されたメニューから「圧縮」をタップ(中)。ファイルが圧縮されます(右)

iPhone Tips
▲右上の「選択」をタップし、ファイルを選択したら、右下の「...」をタップします(左)。表示されたメニューから「圧縮」をタップすると1つのファイルに圧縮されます(右)

ファイルを解凍(伸張)する

メールやウェブサイトからダウンロードした圧縮ファイルも、「ファイル」アプリで簡単に解凍(伸張)できます。まずは圧縮するときと同じように、ファイルを長押し。次にメニューから「伸張」をタップしましょう。

iPhone Tips
▲解凍するアプリを長押し(左)。表示されたメニューから「伸張」をタップします(右)

解凍するとファイル(複数ある場合はフォルダ)が表示され、タップすると中に保存されている写真やドキュメントを見ることができます。

iPhone Tips
▲解凍したファイルをタップ(左)。中に入っている写真やドキュメントが見られます(右)