5Gが始まったドバイ、プリペイドSIMで5Gスマホを使ってみた(山根康宏)

イギリスで買ったGalaxy Note10+ 5Gを試す機会がきた

山根博士 (Yasuhiro Yamane)
山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年10月15日, 午後 03:00 in 5g
0シェア
FacebookTwitter
Dubai5GSIM

世界各国で5Gサービスが始まっています。韓国やアメリカではポストペイド契約が必須ですが、プリペイド契約でも5Gが利用できる国も出てきました。中東のUAE(アラブ首長国連邦)はポストペイド、プリペイドに関係なく5Gを利用できます。イギリスで買ったGalaxy Note10+ 5Gを持っている筆者は、ドバイの展示会を取材した際に現地のプリペイドSIMを買って実際に試してみました。ドバイにはEtisalat(エティサラット)とdu(デュー)の2つのMNOキャリアがあります。どちらも3.5GHz(バンドn78)でNR方式の5Gサービスを提供しています。どちらのショップでもプリペイドSIMを買う際に「5Gは使える?」と聞いたところ、プリペイドSIMでもそのまま使えるよとのこと。期待が高まります。

Dubai5GSIM

実際に両社のWEBサイトの5G関連ページを見ると「4Gプランのまま5G利用可能」「5Gに対応したスマートフォンで利用可能」との記載もあります。一方販売されている端末はZTEの「AXON 10 Pro 5G」が両者共通、OPPO「Reno 5G」がEtlisalat、ファーウェイの「Mate 20 X(5G)」がduとなっています。他の国でよく見かけるサムスンの「Galaxy S10 5G」はありません。そのあたりがちょっと気になりますが、筆者のGalaxy Note10+ 5Gも両者の5G NRバンドには対応しているので使えそうです。

Dubai5GSIM

さっそくプリペイドSIMを入れて両者のWEBにある5Gのカバーエリアに行ってみました。しかしアンテナマークは5Gにはなりません。ネットワークサーチしても筆者の端末はキャリア名しか表示されません。試しに韓国版の5Gスマートフォン「LG V50 ThinQ」にSIMを入れ替えても同様で、4Gのままでした。

しかし今回訪問した展示会「GITEX2019」の会場のある、ドバイ・ワールドトレードセンターへ行ってみると状況は一変。会場の外でGalaxy Note10+ 5Gのアンテナマークを見ると「5G」と表示されています!

Dubai5GSIM

「やった5G NRにつながった!」と喜びたいところですが、よくみると四角の枠の中に5Gの白い文字が表記されています。実はこれは正確には5G NRには接続していない状態。現時点で各国でサービスされている5G はNSA(Non Stand Alone)方式で、4G LTEのコアネットワーク(EPC)上に5Gが繋がっています。つまりスマートフォンから5G NR回線のみにはつながらないのです。下記の図ならわかりやすいでしょう(クアルコムのイベントでの説明)。

Dubai5GSIM

現在の5Gはミリ波など高周波数の5G NRの基地局と、4G LTEの低周波数(サブ6GHz)の基地局がそれぞれEPCに接続。その際、NRとLTEを同時接続(デュアルコネクティビティー)して利用します。つまり5G NR接続には必ず4G LTEにつながっている必要があるわけです。このペアとなるLTEをアンカーバンドと呼びドコモなどはeLTEと表記します。ワールドトレードセンターで表記された5Gマークは、サムスン端末やLG端末では5G NRではなくeLTEに接続された状態を表しています。

試しにサービスコマンドを入力すると、アンカーバンドとしてLTE バンド3をつかんでいますが、下半分、5G側の欄を見るとNRには接続していません。

Dubai5GSIM

こちらは以前韓国でeLTEとNRで5G接続したときの画面。アンテナマーク横の5G表記が白抜き文字になっており、今回と逆です。これがNSA方式で5Gにつながっているときの表示。LTE B3と、下を見ると「NR Band」の欄に「78」の表示もあり、5G NRのバンドn78に同時につながっていることがわかります。


Dubai5GSIM

GITEX2019の会場にはEtisalatのブースもあったため、そこで試してもやはり5Gの表記は変わらず5G NRへの接続ができませんでした。付近にいたスタッフに聞いても「調子悪いのかな」と言われる程度。5Gはまだ始まったばかりであり、端末とネットワークの相性などがあるのかもしれません。ちなみに下の写真、右上に見える四角い箱が5Gのアンテナです。
Dubai5GSIM

duのほうはGalaxy Note10+ 5GにSIMを入れてもどの場所でもLTE接続のみ。GITEX2019のduブースではAXON 10 Pro 5Gが5G NRに接続し余裕で1Gbpsを出していましたが、その横でもGalaxy Note10+ 5Gは4G接続しかできず。duは全くダメでした。

Dubai5GSIM

展示会が終わった後で巨大なショッピングモール、ドバイモールへ行ってみたのですが、ファーウェイとOPPOが5G端末を大々的にアピールしているのに対し、サムスンはGalaxy S10もGalaxy Note10も4G版のみの販売。どうやらサムスン端末はUAEのキャリアの5Gにはまだ対応していないということのようです。

Dubai5GSIM

このように現時点ではまだキャリア側が公認=販売している端末でなくては5Gに入ることができないのかもしれません。また販売している端末でも他の国から持ち込んだ製品では接続できないケースもありそうです。

一方韓国キャリアが5Gローミングを始めており、他国の端末を持ち込んでも5Gが使えるキャリアも出てきています。日本で5Gが始まったとき、他国へのローミング展開をすぐに行うのか、ドコモで買ってSIMロックを外した5Gスマートフォンは他国で使えるのか、あるいはほかの国から持ち込んだ5G端末は使えるのか。5G開始当初は実際に使ってみないとわからないことばかりになるかもしれません。まあそれも面白いのですけどね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 5g, axon10pro5g, du, dubai, Etisalat, galaxy, galaxy note10plus5g, huawei, mate20x5g, OPPO, prepaid sim, reno5g, sim, ZTE
0シェア
FacebookTwitter