iOS 13.1.3配信開始、メールやBluetooth接続の不具合等を修正。iPadOS 13.1.3も同時リリース

今回が4度目のマイナーアップデート

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年10月16日, 午前 11:20 in apple
0シェア
FacebookTwitter
ios13.1.3
アップルはiPhoneやiPod touch向けの最新アップデート「iOS 13.1.3」の配信を開始しました。同時期に、iPad向けの「iPadOS 13.1.2」も配信されています。今回の更新内容は、複数のバグ修正およびパフォーマンスの改善。メールアプリやBluetooth接続などにまつわる問題が修正されています。

公式リリースノートは次の通りです。
  • 着信してもデバイスの音が鳴らなかったり、振動しなかったりする場合がある問題に対処
  • "メール"で会議の参加依頼を開けない場合がある問題を修正
  • "ヘルスケア" Appのデータがサマータイムの調整後に正しく表示されない場合がある問題を修正
  • ボイスメモの録音がiCloudバックアップから復元するときにダウンロードされない場合がある問題を修正
  • iCloudバックアップから復元するときにAppがダウンロードされない場合がある問題に対処
  • Apple Watchとのペアリングに成功しない場合がある問題を修正
  • Apple Watchで通知を受信しない場合がある問題を修正
  • Bluetoothが特定の車両で接続解除される場合がある問題を修正
  • 補聴器とヘッドセットのBluetooth接続の信頼性を向上
  • Game Centerを使用するAppの起動パフォーマンスの問題に対処
iOS 13.1.3とiPadOS 13.1.3はiPhone 6s以降、iPad Air 2/iPad mini 4以降のiPad、およびiPod touch(第7世代)が対象です。アップルは9月19日にiOS 13をリリースし、数日後にiOS 13.1を、月末にiOS 13.1.1を配信。さらに10月1日にはiOS 13.1.2をリリースしており、今回が4度目のマイナーアップデートとなります。

これまでのiOS 13.1.xではバグ対策に重点を置いていますが、現在テスト中のiOS 13.2ベータでは機械学習により屋内での写真画質を向上する「Deep Fusion」(iPhone 11シリーズ限定)Siriのメッセージ読み上げが確認されています。正式版までに削除される可能性もありますが、追加機能の登場を待ちたいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, BugFixes, iOS13, ios13.1, ipados, iphone, IpodTouch, update
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents