6.4インチで約143gの超軽量スマホ「AQUOS zero2」ソフトバンクから登場

ソフバン限定カラバリも

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年10月17日, 午前 11:15 in AQUOSzero2
0シェア
Engadget
ソフトバンクは、秋冬商戦向けスマートフォンとして「AQUOS zero2」を発売します。発売日は2020年1月下旬以降で、価格は未定です。

AQUOS zero2は6.4インチでありながら約143gという軽さを実現しているシャープ製スマートフォンです。搭載する有機EL ディスプレーは通常のパネル比でフレームの切り替え速度を2倍(120Hz)に高めて、120Hzの表示に連動して黒画面を挿入することで240Hzの表示変化を実現しています。これにより動きの激しいゲームや動画などを残像感を抑えて楽しめるとしています。

メインカメラは約1220万画素+約2010万画素のデュアル仕様で、インカメラは約800万画素。チップは「Snapdragon 855」を搭載し、ROMは256GB、RAMは8GBです。カラバリはアストロブラックのみ。



<訂正>初出時に画像の誤りがありました。


ソフトバンク秋冬スマホ発表、 LG製2画面機・Pixel 4・Xperia 5など投入

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: AQUOSzero2, sharp, smartphone, softbank
0シェア