Galaxy S10とNote10に廉価な「Lite」登場の噂

フラッグシップでもお求めやすく?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年10月18日, 午後 12:00 in mobile
0シェア
Galaxy S Note 10 Lite

韓国サムスンがフラッグシップスマートフォンの廉価版に相当する「Galaxy S10 Lite/Galaxy Note10 Lite(どちらも仮称)」を投入するとの観測が、海外にて伝えられています。

サムスン情報に詳しい海外テックサイトのSamMobileによると、サムスンは「SM-N770F」というモデルナンバーのデバイスを開発しています。現行のGalaxy Noteシリーズのモデルナンバーは「SM-N9XX」であることから、SM-N770Fは廉価版に相当することが推測されるのです。

さらに「SM-G770」という、Galaxy S10(SM-G973)の廉価版に相当するであろう未発表デバイスも見つかっています。情報によれば、このデバイスはサムスンが開発をすすめるスマートフォン「Galaxy A91」と同じスペックとなり、6.7インチ/フルHD+ディスプレイやSnapdragon 855、8GBのRAM、128GBの内蔵ストレージ、4800万画素メイン+1200万画素超広角+500万画素深度カメラを搭載するとされています。

同じような兆候は折りたたみスマートフォンのGalaxy Fold(SM-F900F)でも発見されています。つい先日には未発表デバイス「SM-700F」が見つかったことから、これが廉価版Galaxy Foldに相当するとの憶測が登場しているのです。

サムスンはミッドレンジスマートフォンとして「Aシリーズ」を展開していますが、そのうちの上位モデルをGalaxy S10 LiteやGalaxy Note10 Liteとして取り込もうとしているのかもしれません。さらに、2020年にはGalaxy SシリーズとNoteシリーズが「Galaxy One」に統合されるとの噂もあり、今後のGalaxyラインナップには大きな変更がくわえられそうです。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy, mobile, Samsung, smartphone
0シェア

Sponsored Contents