iOS 13のダークモード、有機ELのバッテリー持ちが良くなると実証

iPhone11など液晶モデルは恩恵に預かれません

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年10月21日, 午前 11:50 in battery
0シェア
FacebookTwitter
dark
Phonebuff

iOS 13から実装された、主要な新機能の1つであるダークモード。一般に有機ELディスプレイでは省電力効果があると言われますが、それを実証したテストが公開されています。本テストを実施したのは、アプリ起動速度テストや落下耐久テストでおなじみのYouTubeチャンネルPhonebuffです。iPhone XSをテストデバイスとして使用し、iOS全般にわたってライトモード(従来の画面モード)とダークモードで様々なことを行ったものです。

人の手動ではなく、ブレのないロボットアームによりメッセージアプリやGoogleマップでのナビゲート、YouTubeの視聴などを含む一連の操作をしています。

最終的な結果は、目に見える形で両者の差が現れています。すでに2時間の段階でダークモードは残りバッテリー88%に対して、ライトモードは83%。それが4時間では72%と57%とみるみる広がり、ライトモードが電池切れになった時点ではダークモードは30%も残しています。
dark
ここで注目すべき詳細の1つは、上記の結果はディスプレイを200nitの明るさに設定してテストを実施したこと。画面を明るくした場合と暗くした場合の違いが現れることは容易に想像が付きますが、Phonebuffはあらゆる設定においてダークモードでの持続時間の優位を確認しています。

もう1つは、ダークモードの効果が有機ELディスプレイを搭載したデバイスに最も影響するということ。これはバックライトで画面全体を照らす液晶と違い、有機ELは必要な画素のみ発光するしくみのためです。つまり発光しない部分は「電力を消費しない」分だけ省電力が期待できるわけですが、それが実証されたことになります。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: battery, darkmode, iOS13, iphonexs, oled
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents