RED Hydrogen one

REDのホログラフィックスマートフォンのHydrogen Oneが、当初の価格の約半額となる645ドル(約7万円)で販売されているのが確認されました。

海外誌のPCMagでリードアナリストを務めるSascha Segan氏が、REDのウェブページで発見した、今回の情報。なお、定価が1595ドル(約17万円)とより高価なチタニウムバージョンも、現在は895ドル(約9万7000円)で販売されています。

Hydrogen Oneはホログラフィック3Dディスプレイによる裸眼での3D表示や、カメラモジュールによる拡張性をアピールしていました。しかし実際に登場した製品は3Dでも2Dでもディスプレイの表示品質は優れたものではなく、またスペックは1世代前のものでした。

非常に野心的な計画だったHydrogen Oneはお世辞にも成功したとはいえない状況ですが、REDは次期モデルとなる「Hydrogen Two」の開発と、カメラモジュールの計画が続いていると言及しています。さらに、開発中の謎のカメラ「Komodo」との連携も示唆されているのです。REDの今後の挑戦の行方を見守りたいものです。