スマホをワイヤレス充電できるノート、1万6800円で発売

8000mAhバッテリー内蔵

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年10月23日, 午後 01:15 in MobileBattery
0シェア
FacebookTwitter
Charge Note SY-106

生活家電や雑貨を開発販売するソウイジャパンは、容量8000mAhのリチウムポリマー充電池を内蔵した「充電ノート SY-106」を発売しました。同社直販サイトでの販売価格は1万6800円(税込)です。

Charge Note SY-106▲SY-106の外側

外側にはマルチポケットやミニポケットに加え、ワイヤレス給電機能を備えます。例えば、マルチポケットにスマホを収納し、ワイヤレス充電しながら持ち運ぶといった使い方ができます。

Charge Note SY-106
▲SY-106の内側

SY-106の充電はUSB Type-Aで行え、約4時間で充電が完了します。内側にはLightning、USB Type-C、microUSBコネクタに対応したケーブルが格納されており、有線接続による充電も可能です。チケットやカードを収納できるポケットや、ペンホルダーも備えています。

Charge Note SY-106▲市販のルーズリーフにも対応

留め具にはUSBメモリ(32GB)が装着されており、データの保存や移行が可能です。また、A5判(6穴)のバインダーを備え、リフィルノートが付属します。もちろん、市販のルーズリーフも使用できます。

本体サイズは180×30×240mmで、重量は約750gです。充電環境がない場所での商談時に役立ちそうな製品です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: MobileBattery, note, qi, usb
0シェア
FacebookTwitter