サムスンが謎のARメガネのデザイン特許を出願。資料には3Dレンダリング画像も

電脳コイルまであと少し

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年10月23日, 午後 05:40 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Head mounted display
Samsungが、韓国でARスマートグラスらしきデザイン特許を出願しました。この手のデザイン特許の出願では、線画が用いられることがほとんどですが、この資料には3Dレンダリングした画像も添付されています。

右側面からケーブルが伸びる図も示されていますが、このケーブルが何のためのものかを示す情報はありません。

Samsung Head Mounted Display
残念ながら、出願情報から得られるのはこの程度で、使用目的や機能などの詳細はわかりません。そもそもデザイン特許なので、そこまで考えられていない可能性もあります。

とはいえ、前面ガラスは透過しており、内部に投影用と思われるディスプレイが確認できます。前面上部にはカメラらしきものも見て取れ、おそらくはAR向けと考えられます。

Samsungはこれまで、VRに力をいれており、Galaxyシリーズ向けにGear VRをリリースしていました。しかし、Gakaxy Note10ではGear VRは非対応。そもそも2017年以降、あたらしいGear VRもリリースしていません。

また、GoogleもVRプラットフォームのDaydreamに見切りをつけ、ARに注力すると発表しているほか、AppleもARヘッドセットを開発中と伝えられており、モバイルでのトレンドはVRからARに移りつつあるようです。


デザイン特許を出願したからといって、そのまま製品化されるとは限りません。しかし、GoogleやAppleに対抗するようなタイミングなのは興味深く、果たしてどのような製品が登場するのか(あるいはしないのか)、今後も注目したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ar, augmented reality, daily show, gear, gearvr, mobile, note 10, patent, samsung, virtual reality, vr, wearables
0シェア
FacebookTwitter