Google Home
Googleのスマートスピーカー、Google HomeやHome Miniは、自動でアップデートを受信し適用する機能を持っていますが、それが原因で動作しなくり、いわゆる文鎮化する現象が発生しているようです。

この不具合、少なくとも2019年1月にはGoogleのサポートフォーラムで報告されており、9月末には「チームがこの問題に取り組んでおり、根本原因を確認している」とのコメントもありました。しかし、現在まで修正はできていないようです。

症状としては、4つのLEDがすべて点灯し、無反応になってしまうというもの。電源の抜き差しや工場出荷状態へのリセットで復旧したとの報告もありますが、それでもダメだという例もあります。

日本でも発生しているのかネットで検索してみましたが、故障した、無反応になったという例はそれなりに見つかるものの、本件に該当するかどうかまではわかりません。そもそも、いつのまにかアップデートが開始され、そのまま文鎮化してしまうと、アップデートに起因するかはユーザーには判断が難しいと言えます。

対処方法ですが、
  • ミュートを有効にする(長押しはしない)
  • Google Homeデバイスのプラグを抜く(10秒間)
  • 10秒後、再び接続。完全に再起動したら、マイクをオフにしてからオンにする
を試してほしいとのこと。これでだめだとサポートに連絡するしかありません。

この件に関して、Googleからの正式な案内は出ていません。サポートの対応についても情報が錯綜しており、保証期間外でも交換対応になったという情報もあれば、保証期間切れでは何も対応してもらえなかったという情報も見受けられます。ちなみにGoogle Home、Home Miniの保証期間は購入後1年です。

なんにしろ、同じような症状が出ている場合は、一度サポートへ連絡してみるのが良さそうです。