Pixel 4 XLの分解レポートをiFixitが公開。Soliレーダー部品はシンプルかつ小型

とにかくシンプルです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年10月25日, 午後 07:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Pixel 4 XL Teardown修理業者のiFixitは、米グーグルの新型スマートフォン「Pixel 4 XL」の分解レポートを公開しています。

Pixel 4 XLが他社のスマートフォンと最も差別化されているのは、ディスプレイ上部のSoliレーダーによる「Motion Sense」機能です。60GHzの電波を放つことで手の動きや顔の接近を感知し、ジェスチャー機能や素早い画面ロック解除が可能になります。

Pixel 4 XL Teardown

さて、Pixel 4 XLの分解レポートによれば、Soliレーダーは上部スピーカーやマイク、環境光センサーを組み合わせた基盤と一緒に配置されています。その極めてシンプルかつサイズも小さく収められているのがわかります。

また、6.3インチの有機ELディスプレイは韓国サムスン製であることも確認済み。このディスプレイは状況によって90Hz駆動が可能ですが、サムスンの端末には90Hz駆動機能が採用されていない点は興味深いといえます。

Pixel 4 XL Teardown

iFixitによるPixel 4 XLの修理のしやすさは10段階中の4。その理由としてはそもそも分解が難しく、パーツが接着剤でバックパネルに固定されていることが挙げられています。

余談ですが今後Soliレーダーが将来のPixelシリーズや他社製スマートフォンに搭載されるのかも、気になるところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, google, mobile, pixel, pixel 4, pixel 4 xl, pixel4, pixel4xl, smartphone
0シェア
FacebookTwitter