pro
アップルの新たな完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro(仮称)」には全8色が用意され、10月末に発表との噂が報じられています。台湾メディア経済日報によると、AirPods Proはノイズリダクション機能と防水性能を備えており、価格は260ドル(約2万8000円)。専用ケースはワイヤレス充電でき、平べったいデザイン。そしてカラーはこれまでの白色に黒やナイトグリーン等も追加され、全8種類だと伝えられています。

アップル傘下のBeatsブランドのヘッドフォンは様々なカラーが販売されています。たとえばPowerbeats Proには黒、アイボリー、モス、ネイビー、黒の4色ありますが、AirPods Proもその路線に沿うのかもしれません。

ノイズキャンセル対応の新型AirPodsは、iOS 13.2ベータからも複数の手がかりが発見されています。まず大幅な設計変更を窺わせるアイコンが見つかりノイズキャンセルに関するiOS内アニメーションも報告されています。

さらにケースメーカーESRは、すでに「AirPods Pro」用と称する充電ケースのカバーおよびキャリングケースをリリースしています。これはESRがアップルのサプライチェーン内の情報筋から実際の寸法や設計の情報を集めた可能性もある一方、単なる噂に基づいた先走りに過ぎないかもしれず、どちらとも言えません。

ほぼ時を同じくして、有名リーカーのBen Geskin氏も「AirPods Proは来週発売される」とツイートしています。Geskin氏はアップルの未発表製品に関して数々の実績があり、iPad Pro(2018)の形状を的中させたこともありました。
いよいよAirPods Proや16インチMacBook Pro発表が間近に迫った兆しが次々と届く一方で、アップルがそれらを披露するスペシャルイベントを開催するとの話は聞こえてきません。第2世代AirPodsと同じく、どちらもプレススリースのみで静かにデビューすることもあり得そうです。