千葉・茂原のApple Watch用有機EL工場、豪雨で被災 現在は復旧

今夏より有機ELを生産

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年10月28日, 午後 01:06 in apple
0シェア
FacebookTwitter
engadget
ジャパンディスプレイは、先週金曜日(10月25日)に関東・東北地方を襲った豪雨災害により、千葉県茂原工場の稼働を一時停止したと発表しました。なお、本日(10月28日)より稼働を再開しています。

同工場はスマートフォン向け液晶パネルのほか、今年夏より小型の有機ELパネルを製造。ジャパンディスプレイは同有機ELパネルの供給先を明かしていませんが、朝日新聞などはApple Watch向けと報じています。

発表によると、豪雨の影響でガス供給設備が停電したため、10月26日午前6時より全設備の稼働を停止。本日(10月28日)午前1時頃にガス供給が再開したため、現在は順次生産を再開しています。業績に与える影響は現在調査中としています。

千葉県では10月25日の豪雨で随所で河川の氾濫や浸水被害が発生。死者は28日時点で9人にのぼっています。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, applewatch, Business, jdi
0シェア
FacebookTwitter