Nissan
日産が、電気自動車リーフのプロトタイプ車両を発表しました。このリーフは2基のモーターを搭載し、より高い出力とより高度なAWD制御技術を備えています。このテストカーは日産リーフe+をベースとしており、2基の高出力モーターでAWD化、独自のシャシー技術を組み合わせて「まったく新しい電動駆動の4輪制御」を備えます。その出力は最大227kWトルクは最大680Nmで、ベース車リーフe+のほぼ倍というパワフルさになっています。

各ホイール独立制御のブレーキはリアの回生ブレーキが減速時にピッチングを抑える働きもするとのこと。さらに、各ホイールの制御はコーナリング時の旋回性能を高める効果も生み出し、意のままのラインをトレースし続けられます。

現在も開発中のこの新しい4輪電子制御技術は、電気駆動および4WD制御技術をシャシー制御技術に統合し走行性能を飛躍的に高めます。日産はこれの技術は決してスポーツカー向けではなく、あくまで「次世代の日産EV」に搭載される技術だとしており、先日発表され市販のうわさもでているクロスオーバーEVコンセプト「Ariya」の量産バージョンに、これが搭載される可能性はありそうです。