モトローラ、マクロ撮影可能なmotorola one macroなどカメラ重視スマホを一挙投入

物撮りに最適か

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年10月28日, 午後 05:30 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Motorola Smartphones

米モトローラブランドは、マクロ撮影が可能な「motorola one macro」を含むカメラ性能を重視したローエンドスマートフォンを3機種と、通常の廉価スマートフォンを1機種発表しています。

まず上の画像のmotorola one macroは、背面に200万画素のマイクロカメラを搭載。対象物に2cmまで接近して撮影することができます。その他のスペックとしては、6.2インチ/HD+解像度デスプレイと4GBのRAM、64GBの内蔵ストレージを搭載し、背面カメラは1300万画素メイン+200万画素マクロ+200万画素深度センサーを採用。ヨーロッパやブラジル、メキシコ、オーストラリア、インドなどで199ユーロ(約2万4000円)で販売が開始されています。

motorola 4

moto g8 plusとmoto g8 playは、どちらも画角117度の超広角レンズを搭載。こちらはセンサーが90度傾いた配置が採用されており、端末を縦方向に持ちながら横長の写真や動画を撮影することができます。

その他のスペックとしては、moto g8 plusは6.3インチ/FHD+解像度ディスプレイと4800万画素メイン+深度センサー、2500万画素フロントカメラを搭載。moto g8 playは6.2インチディスプレイと1300万画素メイン+深度センサーを搭載。moto g8 plusの価格は269ユーロ(約3万2000円)で、moto g8 playの価格は明かされていません。

最後のmoto e6 Playは、5.5インチ/HD+解像度ディスプレイを搭載し、背面カメラは1300万画素で前面カメラは500万画素。32GBの内蔵ストレージを搭載し、価格は109ユーロ(約1万3000円)となっています。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, mobile, motorola, smartphone
0シェア
FacebookTwitter