Xbox One版『Call of Duty: Modern Warfare』で本体がクラッシュする不具合が発生。開発元は解決に奔走

発売早々の大惨事

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2019年10月28日, 午後 06:00 in games
0シェア
Infinity Ward / Activision Blizzard2019年10月25日に全世界同時発売された『Call of Duty: Modern Warfare』。人気の高い『Call of Duty 4: Modern Warfare』のリブート版であることや、現代戦に回帰したことで大きな注目を集めているタイトルです。しかし、発売早々に「プレイ中にフリーズしてゲーム機本体がクラッシュする」というとんでもない不具合が発生しました。

今回の不具合が起こったのはXbox One版。プレー中にゲームがフリーズしてゲーム機本体が強制終了し、これを繰り返すことでゲーム機本体がクラッシュしてしまうのです。この不具合に遭遇したプレイヤーがSNSサイト『reddit』で詳細をレポートしており、それによるとXbox One Xで「Ground War」という大規模戦闘モードをプレイ中に強制終了し、同じ現象が3回続いたあとに本体が起動しなくなったとのこと。

他にも多くのXbox One版ユーザーがこの不具合を報告しており、開発元のInfinity Wardはマイクロソフトと協力して不具合の解決にあたっていますが、アップデートファイルの提供時期は未定。外付けハードディスクにゲームをインストールすることでクラッシュが減ったという報告もありますが、確実な解決方法ではないようです。

いずれにしても、Xbox One版のユーザーは本体がクラッシュする恐怖におびえながらプレイするか、アップデート版までプレイを休止するかの選択に迫られることになります。

ちなみに、本作はシリーズでは初となるPS4/Xbox One/PCのクロスプレーにも対応。そのため、Xbox One版ユーザーは他のプラットフォームのユーザーに遅れを取ることにもなります。本気でやり込んでいるユーザーにとっては、この出遅れも致命的でしょう。


Engadget LIVE「おうちで冒険! わくわくゲームプレゼンバトル」現在実施中!

関連キーワード: call of duty, games, Infinity Ward, microsoft, Xbox, Xbox One
0シェア

Sponsored Contents