インテルの全コア5GHz駆動なCore i9-9900KS、10月30日に発売

オーバークロックの必要なし?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Intel Core i9-9900KS

米インテルはCore i9-9900KSプロセッサを10月30日に発売すると発表しました。リテール価格は513ドル(約5万6000円)となります。

Core i9-9900KSは今年5月に発表されたプロセッサで、その特徴は8コアすべての5GHz駆動が可能なこと。ベースクロックは最大4.0GHzで16スレッドを搭載し、キャッシュ容量は16MBでTDPは127W、ゲームとオーバークロック用の最大40レーンを備えます。

なお、Core i9-9900KSと競合するであろうAMDの8コアプロセッサことRyzen 7 3700Xは4万円台、また12コアプロセッサのRyzen 9 3900Xは7万円台で販売されており、3DMarkのテストではCore i9-9900KSを上回っているとの報告もあります。

さらに、AMDは16コアのRyzen 9 3950Xの発売を11月に控えています。工場出荷状態で全コア5GHz駆動にどれだけの価値を見いだせるかが、Core i9-9900KSの購入のポイントとなりそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Core i9, cpu, intel, personal computing
0シェア
FacebookTwitter