Engadget

米アップルは昨日、スマートスピーカーHomePod向けのiOS 13.2をリリースしたものの、これを適用したHomePodがただの置物になってしまう不具合が発生していることが報告されています。この不具合に対して、アップルはHomePod向けの13.2ソフトウェアの提供をいったん停止したとアップル関連ニュースサイトMacRumorsなどが報じました。

不具合が出たHomePodは、上部のインジケーター部分に表示される白いモヤモヤが回転してはリセット、回転してはリセットの無限ループをくり返します。なお、iOS 13.2をインストールしてすぐこの現象に陥ったという報告もあれば、インストール後しばらくは使えたもののリセット操作をした際にこの現象に陥ったケースもあるとのこと。アップルはこの現象に対して、iOS 13.2を適用したHomePodについてはリセット操作をしないよう警告を出しました。すでにリセットを試して無限ループに陥ったユーザーには、サポートに問い合わせるよう求めています。また、一部のユーザーはすでにサポートに問い合わせ、不具合の発生したHomePodと正常品の交換を手配してもらえたとの報告も掲示板サイトRedditにあがっています。

すでにアップルは不具合を認識しているため、不具合を修正したソフトウェアもそれほど日数をおかずに提供されることが期待されます。しかしそれまでの間は、HomePodを不用意にHomeアプリから削除したり、リセットしたりすることは避けるほうが良さそうです。一方でまだアップデートを適用していないHomePodユーザーは、そのまま修正版が出るまではアップデートを避けることをおすすめします。

なお、iOS 13.2ソフトウェアのリリースと同時期にApple Musicが再生できなくなる問題が発生していたようですが、こちらは今回の問題とは無関係なようだとMacRumorsは述べています。