Xiaomi Mi Note 10
中国Xiaomiが、1億800万画素(108MP)のカメラを含む5つのカメラを搭載するスマートフォン、Mi Note 10を予告しました。

1億800万画素のイメージセンサーはSamsungが開発済みで、Xiaomi端末への搭載も発表されています。その端末として、背面にもディスプレイが回り込んだMi MIX Alphaを発表していました。


Xiaomiの投稿によると、Mi Note 10が世界初の108MP搭載スマートフォンになるとのことなので、Mi MIX Alphaよりも先に発売となるようです。

なお、XiaomiはWeibo上で、同じく1億800万画素でペンタカメラを搭載するCC9 Proの情報を公開しています。CCは6月に立ち上げられたXiaomiの新ブランド。主に若者をターゲットにしています。


このCC9 ProとMi Note 10が名称違いの同一端末なのか、あるいはまったく別の端末なのかは現時点では分かりません。ただ、XiaomiのCEO、Lei Jun氏は6月、2019年はNoteシリーズを発売する予定はないと発表していました。このため、CC9 ProをMi Note 10の名称で中国外向けにリリースすることにした可能性は高そうです。

公開されているCC9 Proの仕様は、108MPのメインカメラに、20MPの超広角、ポートレート用の12MP、光学5倍、ハイブリッドズーム10倍の望遠、そして撮影距離1.5cmのマクロレンズという構成。

Xiaomi CC9 Pro

CC9 Proは11月5日に正式発表となりますが、Mi Note 10も同時期に発表されるものと考えられます。