Razer初の完全無線イヤホン「Hammerhead True Wireless」発表。低遅延60msのゲームモード搭載

1万2998円

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年10月30日, 午後 04:50 in AV
0シェア
FacebookTwitter
Razer
最近のスマートフォンはイヤホンジャックを搭載しなくなりつつありますが、これはスマホゲーマーにとってはゆゆしき問題です。というのも、Bluetoothイヤホン/ヘッドホンを使ってのゲームプレイはタイムラグがどうしても問題になってくるから。とくにPUBGやフォートナイトといったバトルロイヤルゲームなどでは音もプレイにおける重要な要素になります。

ゲームむけ周辺機器メーカーRazerは、初の完全ワイヤレスイヤホン「Hammerhead True Wireless」を発表しました。特徴は、このイヤホンがレイテンシーを60ミリ秒という短さに抑えたところです。Razerいわくこの完全ワイヤレスイヤホンはBluetooth 5.0のカスタマイズバージョンを使い、iOS/Androidアプリで「ゲームモード」を有効にしてからイヤホンを3回タップすることで60ミリ秒の低レイテンシーの実現やバッテリー駆動時間の延長を可能にしているとのこと。

イヤホンの仕様としては、13mm径ドライバーで20Hz~20kHzの再生周波数帯域を備え、自動ペアリング機能や音声あしすたんとのサポート機能を搭載。汗にも強い設計IPX4の防塵防水仕様となっており、ゲームプレイ中の緊迫するシチュエーションで滝汗状態になってもプレイに集中し続けられそうです。もちろんマイクも内蔵し、通話などに使えます。

Razer

ただし、バッテリー駆動時間はゲームモードで延びると言いつつも3時間とされており、このあたりは5時間は使い続けられるAirPodsにも劣る部分です。なお、充電ケースを使って継ぎ足し充電を行えば合計で16時間はコンセント電源なしに使えるとのこと。ただ充電中はゲームには使えません。

良心的なのはその価格。Hammerhead True Wirelessはその価格を100ドル(日本では1万2998円)に設定しており、AirPodsやその他の人気完全ワイヤレスイヤホンに比べて格段に入手しやすくなっています。ゲームだけに使うのでなく、ジムでのワークアウトなどにも便利に使えそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: audio, av, bluetooth, earbuds, gaming, gear, hammerhead, hammerhead true wireless, razer, true wireless
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents