DJIが199gのトイドローン「Mavic Mini」発表、最長18分飛行と2.7K動画の撮影可能

DJI初の日本向けモデル

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年10月31日, 午後 01:56 in dji
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
DJI JAPANは11月中旬から、小型ドローン「Mavic Mini」を発売します。10月31日からオンラインストアや販売代理店での予約受付を開始しており、価格は4万6200円(税込み)、プロペラガードや予備バッテリがセットになったフライモアコンボは5万9400円(税込み)です。

DJI初となる日本向けにチューニングされているモデルで、最大の特徴は199gという軽さ。これにより、Mavic Miniは模型航空機に分類されるいわゆるトイドローンなので、改正航空法適用外となります。

Engadget
▲トイドローンでも、飛行禁止エリアはあるのでフライトの際は十分に気をつける必要があるでしょう


そのほかのスペックとしては最大飛行時間は18分。静止画は12MP、動画は2.7K(25/30p)とFHD(25/30/50/60p)で撮影可能。3軸ジンバルも搭載しています。

Engadget
▲これまでのDJIのドローンで搭載されていた、ワンタップでトリッキーな撮影ができるクイックショットも可能です

Engadget純正アクセサリも沢山ラインアップしています。「Mavic Mini 360°プロペラガード」(税込み1870円)は、前後のプロペラを覆うよな立体的な形状。機体がプロペラガードの装着を検知して、フライト時の速度と高度が制限されます。

Engadget
僕がこの発表会で一番ときめいたのは、この「Mavic Mini 充電ベース」(税込み4290円)。製品名のとおり、タダの充電スタンドですが、SFな彼のビジュアルにメロメロでございます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dji, drone, mavicmini
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents