Steam
ゲームプラットフォームSteamのクライアントがアップデートし、ライブラリの表示が刷新されました。これまでのライブラリはかなり味気ないものでしたが、今回の更新後は、視覚的に見やすく、また整理しやすくなっているのが特徴です。

この新しいライブラリ表示は、これまでベータ版としてテストされていたもの。約1か月半のテストを経て正式版となりました。Valveは「ライブラリは私たちにとって価値がある」との信念の下に、新しいライブラリを構築したとのこと。探すのが楽しく、探し物が見つかる場所でなければならないとしています。この考えは今回の更新に正しく反映されているようで、購入タイトルを自分好みに並べ替えたり、カスタムシェルフを追加したりが可能になっています。そのほかにも、アップデートや期間限定イベントを確認しやすくなっていたり、最近遊んだゲームやフレンドのアクティビティ表示も行えるといった点もポイントです。

また、先週ベータ版クライアントでの提供が開始されたRemote Play Togetherも利用可能となりました。この機能は、本来はローカル限定のマルチプレーヤーゲームをインターネット越しに利用可能とするもの。さらに最大4人でプレイできますが、ゲーム所有権自体はホストデバイスの1台のみで良いという点も特徴です。

なおこの機能に関しては、正式版クライアントで利用できるようになったものの、扱いはまだベータ版のままという位置づけになります。