fonts
Adobe

AdobeはCreative Cloudアプリをアップデートし、iOS 13およびiPadOSユーザー向けに新機能を追加しました。ダークモードに対応したほか、1300種類の無料フォントを含む全てのAdobe Fontsが利用できます。iOS 13とiPadOS 13以降では、サードパーティ製のカスタムフォントを使用でき、[設定]([一般]>[フォント] )でのフォント管理が可能となりました。Creative Cloudアプリの更新はこれに対応したもので、フォントの変更はシステム全体に反映されます。

本アプリではAdobe Fontsのうち1300種類のフォントを無料で、定額制のCreative Cloudプラン加入者は1万7000種類のフォントを利用できます。
fonts
その利用は、本アプリをインストールしてサインアップした後、「フォント」タブをタップ。そこでフォントを選び、「フォントのインストール」をタップするだけです。これらフォントはAdobeアプリだけでなく、iPhoneやiPadにインストールされた他のアプリでも使用できます。
fonts
今回のアップデートは一般ユーザーが画面の見た目を変えられる一方で、グラフィックや動画のプロフェッショナルがiPadをクリエイティブツールとして活用できる幅を広げるはず。Adobeはドロー系画像編集ソフトillustratorのiPad版アプリを11月に発表、2020年内にリリースする予定との噂が報じられていましたが、その前ぶれとなる第一歩かもしれません。