Pixel 4/1/2 star photos

米グーグルのスマートフォン「Pixel 4」には、夜空の天体を美しく撮影する星空撮影機能が搭載されています。そしてこの機能が非公式ながら、開発者によって初代Pixel/Pixel 2へと移植されました。

Pixel 4では、長時間露光による画像を複数枚合成することで、レンズやセンサー性能を大きく上回る星空の撮影機能を実現しています。これには、ソフトウェアと高性能なプロセッサによる処理能力が大いに貢献しています。

そして開発者フォーラムことXDA-Developersでは、Pixel 4のカメラアプリの星空撮影機能を、初代Pixel/Pixel XLやPixel 2/Pixel 2 XLに移植した人物が出現。改造した非公式なアプリを配布しているのです。

ただし海外テックメディアのAndroid Policeが改造アプリを試してみたところ、撮影環境が非常に曇りがちな夜だったこともありますが、Pixel 4で得られるような美しい撮影結果は実現しませんでした。これについて、海外メディアの9to5Googleは「新機械学習エンジンのPixel Neural Coreの有無やセンサーの違いが、撮影結果の差につながった」と指摘しているのです。

なおこの改造アプリではそれ以外にも、初代PixelやPixel 2にてNight Sight時のフォーカス操作、超解像度ズーム機能が追加されています。改造アプリの利用はトラブルがあっても自己責任となりますが、Pixelシリーズを愛してやまないファンにとっては興味深い試みといえそうです。