キッチン向けのスピーカーつき小型Android TV、フィリップスが発表

ある意味、スマートディスプレイ?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter
Philips Android TV

フィリップスはキッチン向けの小型Android TVデバイスを発表しました。

このAndroid TVデバイスは、24インチとテレビとしては比較的小さなサイズのディスプレイを搭載。料理のレシピを確認したり、あるいは動画を閲覧したりと、キッチンに置かれたタブレットを置き換える製品として開発されています。

本体のスタンド部分には、デュアルスピーカーを内蔵。またGoogle アシスタントに対応しており、スマートスピーカー、あるいはスマートディスプレイのような使い方が可能です。付属するリモコンには、YouTubeやNetflixの専用ボタンが配置されています。

このようにキッチンなどに置くことを想定したスマートディスプレイは各社から投入されていますが、そのディスプレイサイズは10インチ程度と、あまり大きくはありません。フィリップスによるAndroid TVはそれらよりもずっと大きな(しかしテレビとしては小さな)ディスプレイを搭載することで、市場のスイートスポットを狙った製品といえそうです。

Philips Android TVの価格は299ドル(約3万3000円)で、海外にて販売が開始されています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android tv, philips, tv
0シェア
FacebookTwitter