テスラ、新型EV「サイバートラック」を11月21日公開。ロサンゼルスで発表イベント

ブレードランナーの舞台でサイバーなトラックを公開します

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年11月8日, 午前 07:00 in Transportation
0シェア
FacebookTwitter
Tesla SEC Hearing
テスラのイーロン・マスクCEOが、11月21日にロサンゼルスでイベントを開催し、「サイバートラック(Cybertruck)」と呼称する電気ピックアップトラックを公開するとツイートしました。マスクCEOは6月の株主総会でこのトラックを「Cyberpunk Truck」と紹介していました。サイバートラックは、マスクCEOが偉大なトラックだと称したフォードF-150をベンチマークとして開発されているとされます。マスクCEOは「F-150と同等か、それを超えるべく開発をしている」と説明。「F-150が電動バージョンを完成させられるのであれば、テスラにもそれができるはずだ」と述べています。

さらに、サイバートラックはその名の通りの「サイバーパンクな」デザインを採用し、SF映画から飛び出してきたかのように見えるだろうとマスクCEOは発言していました。発表済みの大型「Semi」トラックも、米国ならではのボンネットトラックタイプでありつつ未来的なデザインですが、ピックアップトラックはより斬新な姿で我々の目の前に現れることになりそうです。

サイバーパンクといえば、まさにいま2019年11月のロサンゼルスは映画『ブレードランナー』で描かれた舞台。そのロサンゼルスで2019年11月21日に「サイバーパンクトラック」を公開することについてマスクCEOは「奇妙なことにその日付はよく知られている」と、映画の冒頭のクリップを添付してツイートしました。ただそれを言うのなら、劇中に登場する格好良いフライングカー「スピナー」をぜひとも開発して欲しいところではあります。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cyberpunk, cybertruck, elon musk, elonmusk, pickup, pickup truck, pickuptruck, tesla, tomorrow, Transportation
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents