中国スマホ決済に開放の波、WeChat Payも海外クレカ利用に対応へ

Alipayに続き展開へ

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年11月7日, 午後 02:52 in cashless
0シェア
FacebookTwitter
WeChat
中国Tensentは、中国向けスマホ決済サービス「WeChat Pay(微信支付)にて、訪日外国人のクレジットカード支払いに対応すると発表しました。

中国のテックニュースサイトIT之家によると、Visa、Mastercard、AMEX、Discover (Diners Clubを含む)、JCBの5ブランドと連携し、中国内で海外クレジットカードをWeChat Payを通して使える仕組みを展開するとしています。7日にはVisaとMastercardが同内容の発表を行っています。

これは中国政府の訪中客向けモバイル決済環境の改善を目指す指針に沿った対応です。スマホ決済で競合するAlipayは、訪中外国人向けのミニアプリ「TourPass」によって海外クレカを通した決済を可能としています。

関連:AlipayがTour Passで外国人に優しい仕様へ。中国へ行くなら必須のキャッシュレス決済サービスに進化
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cashless, China, inbound, outbound, Payment, WeChat, wechatpay
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents