12gの超小型ビデオカメラ「OPKIX ONE」が国内発売 価格は4万9800円

防水防塵にも対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年11月12日, 午前 11:00 in camera
0シェア
FacebookTwitter
CAMERA OPKIX ONE OPKIX STUDIO

ライターをはじめとする喫煙具の製造や販売を行うライテックは11月11日、わずか12gの軽さで、フルHD画質の映像が撮影できるビデオカメラ「OPKIX ONE」の国内販売をOPKIX公式オンラインストアにて開始しました。価格は税別4万9800円です。

卵のような形のケースに2つのカメラが収納されています。カメラ1つあたりの大きさは角砂糖1つ分(14.2×14.2×36mm)で、重さ12gと超軽量コンパクトなボディです。

CAMERA OPKIX ONE OPKIX STUDIO▲アイウェア、ネックレス、リング、セルフィースティック、フラットプレート、EGG充電ケースが同梱されます

2台あることのメリットとしては、同時に2つの視点で撮影できるほか、付属のアイウェアやネックレスを使用することで、ハンズフリーでの撮影が可能なこと。また、マグネットを搭載しているため、アイウェアやネックレスへの取り付けも簡単です。

解像度は1080×1080でフレームレートは30fps。カメラに内蔵されたメモリは4GBで連続撮影は15分。EGGという充電ケースにも14GBのメモリが内蔵されています。カメラ側面にあるボタンを押すだけで録画を開始できます。撮影中はレンズを囲うLEDが点灯します。

撮影した動画は、EGGにカメラを収納することで、Wi-Fi経由でスマホに転送されます。転送が終わるとカメラとEGGからは動画データが消去されます。

専用アプリ「OPKIX STUDIO」を使うことで、トリミングや速度変更、音楽の追加などが行えるほか、InstagramなどのSNSにシェアすることも可能です。

動画の比率がスクエアである理由もSNSへのシェアを意識しているためだといいます。もちろんスクエア比率が気に入らなければ、撮影後にアプリで比率を変更できます。

また、カメラ本体はIP67(防水・防塵)にも対応しているため、海や川などの水まわりでも使えます。ちなみに、IP67は粉塵が内部に侵入しないことに加え、一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がないとされています。

関連:
ファッションを邪魔しない装着スタイル、極小アクションカムOPKIX ONE今秋発売
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, camera, FullHd, lighting, movie, OPKIX ONE
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents