画面カバーにもなる着脱式キーボードを採用し、タブレットとしても、ノートとしても活躍してくれるSurface Proシリーズ。この第4世代目として登場した「Surface Pro 4」が発売されたのが、2015年の今日です。
todaySurface Proシリーズは大きな変化こそないものの、代を重ねるごとにその完成度を高めてきています。

このSurface Pro 4では、画面が12インチから12.3インチへと若干サイズアップしただけでなく、解像度が2160×1440ドットから2736×1824ドットへと向上。また、メモリーが最大8GBから16GB、SSDが最大512GBから1TB(※翌年発表モデル)へと増量されるなど、大きくスペックアップしています。

today

これらのスペックは現在のSurface Pro 7でも共通となるだけに、いかにSurface Pro 4が完成された存在だったのかがうかがえます。

これ以外にも本体の薄型化、重量の軽量化、ペン入力時の遅延減少、タイプカバーのタッチパッド大型化など、細かな点が改良されていました。ちなみに、歴代モデルの中でWindows 10を採用したのも、このモデルからです。

today

11月12日のおもなできごと

2010年、ソフトバンクが「DELL Streak 001DL」の予約開始
2013年、アップルが「iPad mini Retina ディスプレイモデル」を発売
2014年、デルが「Chromebook 11」を発売
2015年、マイクロソフトが「Surface Pro 4」を発売
2015年、タグ・ホイヤーがスマートウォッチ「Connected」を発売