NTT Danswing Paper
NTTは、目の錯覚を用いて紙を動かしているように展示する技術「Danswing paper(ダンシングペーパー)」を開発したと発表しました。

この技術は、紙で描いたイラストに特殊な輪郭線をつけ、明滅する照明の上に置くと、まるで動いているように見えるという目の錯覚を利用したもの。この錯覚のメカニズム自体は以前から知られていましたが、NTTでは実際の印刷物への応用を前提として、左右の往復運動だけでなく、回転や拡大・縮小、変形といった複雑な動きの表現する手法を編み出しています。

NTTが公開した映像では、照明として白黒に点滅するディスプレイを利用。点滅の頻度を高くすると、イラストの動き方が速くなっているように見えます。




また、この技術は電子ペーパーディスプレイと組み合わせて動きを表現する手法となり得るとNTTは指摘しています。電子ペーパーは書き換えに時間がかかることから映像の表示には適していませんが、電子ペーパーディスプレイを照明として点滅させ、輪郭線をつけたポスターと組み合わせれば、太陽光の元でもくっきり表示でき、目を引く広告表現が可能としています。